元表参道OL、トマト農家になる

東京から夫婦で高知に移住(Uターン&Iターン)。2017年4月から夫婦でトマト農家になりました。

方位の話~凶方位に何度も行くことになった私に訪れた変化

      2017/05/28

こんばんは。

来週からトマトの作業がようやくスタートする、トマト農家の織田です。

突然ですが、明日から東京に行ってきます!

理由は、先週受けた『歯根端切除術』の歯茎部分を縫った糸を抜歯するんです。抜歯なんで数分で済むんですけどね(笑)。こちらの歯医者さんにお願いしてもよかったのかもしれませんが、やっぱり信頼している先生に全てをお願いしたいと思って行ってくることにしました。

ところで、私は旅行や引っ越しの時には事前に方位を確認するようにしています。そして、明日行く予定の東京は今年の私にとって凶方位なんです。。。

そう、旅行の時には事前に方位を確認する私が、最近まで全くこのことに気づいてなかったんです。なんてこったー!!

今年の3月の東京行き、ここから私の凶方位移動が幕を開けた

私は、今年の3月に東京でセミナーを受講する予定でした。それは長年受講したかったセミナーで、今年からトマト農家になるということもあり一念発起して参加することにしたものでした。

そのセミナーでは、毎年懇親会も開催されていて、幹事は参加者の方に立候補していただいているとのこと。やる気満々だった私は地方在住にも関わらず、懇親会の幹事にも立候補してお店の確認等を毎夜やっていました。

そんな楽しみにしていたセミナーだったのですが、東京へ行く前日の夜に高熱が出てしまったんです。翌朝、熱は少し下がっていたものの、普段から体温も低めということもありちょっと不安がありました。さらには、その数日前に仕事場で隣の席の方がインフルエンザを発症していたんです。

「もしかしたら・・・」と思って、近くの病院を受診すると、案の定インフルエンザA型でした。

この時は、本当に落ち込みました。。。だって、セミナー代も決して安くないもので、しかも交通費や宿泊費も既に支払い済みだったんです。でも、「今はタイミングじゃなかったんだ」って思って療養することに専念しました。

今思えば、この時から既に方位の影響が働いていたのかもしれません。だって、この時の東京方面(=東北方位)は、一白水星が入っているんですが、一白水星の象意の一つが「病気」なんです。そして、本来の東北方位は八白土星ですが、その象意は「中止」。

その後、このインフルエンザがきっかけとなり、数年前に治療した歯の根の細菌が再発し、我慢できない痛みに悩まされるようになってしまったんです。

そこで、独身時代にお世話になっていた歯内療法の専門医に連絡し、4月に診てもらうため上京しました。診察の結果、手術を行うことになったのです。この時の東京方面(=東北方位)は、九紫火星が入っています。九紫火星の象意は、「手術、切除」。先月からもう見事に方位どおりの状況になっています(笑)

度重なる凶方位への移動。凶方位だと気づいた時から落ち込む私

その後も、5月に手術のため上京、翌週は抜歯のために上京します。さらには、6月から10回コースのセミナーを受講することになり、これまた東京に繰り返し行くことになりました。

実は、正直に言うと、凶方位だと分かっていたら私はセミナーの受講はしていなかったかもしれません。3月に受講予定だったセミナーはこれまで毎年開催されていて、おそらく来年も開催されると思います。それに、1回だけならまだしも、10回も凶方位に足を運ぶなんて怖くて申し込めなかったんじゃないかと思います。

もちろん、私はあくまでも方位は“自分の人生を楽しむ”ためのものでしかなく、それ以上でもそれ以下でもないと思っています。だから、方位に縛られて動けなくなるのは本末転倒だと思っています。それに、凶方位であっても何が何でも行きたい場所だったら行き、その方位の影響は甘んじて受ける覚悟でもいます。(その分、凶方位をリカバーできることはできる限りやります)。

でも、東京って高知から結構遠いんですよね(※方位の影響は距離が関係します)。それに、手術やらセミナーは日程の都合上、2日~3日間は滞在しなくちゃいけなくて。これが吉方位なら万々歳なんですが、凶方位だとそのマイナスエネルギーの蓄積たるや、考えるとちょっと嫌になっちゃいます。

それに、高知からだと日本の東側はだいたいが東北方位になってしまって、方違えなんかもなかなかできません。挽回しようにも、今年の吉方位の西方位は国内だと福岡県近辺で、距離が稼げない。。。

あれだけ上京するのが楽しみだった私なのに、東京が今年の凶方位だったということや、しかもそんな時に限ってこんなに繰り返し行く状況になってしまったことに、テンションがどんどん下がっていってしまったのでした。

凶方位なのに、これでもか!というほど行くことになってしまったのは何故?

方位のことについては、私ははっきり言って素人です。情報は、もっぱら本やネットで確認しています。

で、その素人の私としては、方位は多少なりとも影響があると思っています。

だからこそ、この状況をなかなか前向きにとらえられなかったんです。でも、先ほども触れましたが、3月のセミナーも6月からの連続セミナーも、開催場所が凶方位だって分かっていたら、多分申し込んでいないと思います。

翌年以降の方位を確認して、凶方位以外だった時に申し込もうと思っていたはずです。

そして、普段の私だったらまずは方位から調べて判断しています。その私が方位の確認すらしていなかった。

ということは、きっと今の自分にとって申し込むことが大きな転機や力になると見えない力が働いたんじゃないかとふっと思ったんです。もちろん、3月のセミナーは結局受講できませんでしたし、凶方位に気づいた今なら、6月からの連続セミナーをキャンセルすることだってできます。

でも、凶方位に気づいた今の私の決断は、やはり「受講する」なんです。

もちろん、これからまたじわじわと方位の影響を受けていくようになるかもしれません。「やっぱり辞めとけば良かった」って思うこともあるかもしれない。

ただ、方位は開運やマイナスの影響があるかもしれないけど、それ以外にも自分の人生を幸せに導く方法ってたくさんあるんですよね。例えば、月並みですが、感謝することや、身の回りを整えること、氏神様などの場所に行くことなどがあります。

また、一見マイナスと思えることも、長い目で見たらそれが糧となることもあります。そして、それを力に変えていける力が十分あるんだって神様が背中を押してくれたんだとも思うんです。

実は、凶方位へ行くようになった私に訪れた変化は、マイナスなものだけじゃありませんでした。掃除や整理整頓が苦手であまり興味のなかった私が、何がきっかけだったのかさえ分からない程、こまめに掃除や片づけをするようになったんです。

これまで、平日は働いていたこともあり、私は家の掃除や整理整頓をまめにできていませんでした。でも、不要なものを捨てるところから、置き場所を決め、カテゴリーごとに分け、掃除をしていくごとに、身の回りがきれいに整っていく心地よさを感じるようになりました。

そして、当たり前ですが、家の中がとってもきれいになってますます居心地よくなったんです。

これも、未来を拓くチャレンジをするため、凶方位に行く私を少しでもマイナスの影響から守ってあげようとする計らいだったんじゃないかと感じています。

そんな深い心による計らいへの感謝と、東京までの移動の無事を見守ってくださるよう、今日は氏神様にお参りしてきました。

ということで、今日はここまで。

このブログを見ているあなたとのご縁に感謝を込めて。

それでは、明日も元気に東京に行ってきますよー!

 

このブログを書いている人

織田茜
織田茜
30代。元表参道OL。長年暮らした東京から2014年7月に高知県に夫婦で移住。
2017年4月から、夫婦でトマト農家になりました。
“自分らしく、毎日を楽しむ”をテーマに、日々を過ごしています。
移住先の高知でのお気に入りは、芋屋金次郎のスウィーツ。

オススメの記事

 - 参加したセミナー&講演会&イベント, 好きなもの