元表参道OL、トマト農家になる

東京から夫婦で高知に移住(Uターン&Iターン)。2017年4月から夫婦でトマト農家になりました。

美味しいトマトが育つ、大事な土づくりが始まりました。

   

昨日、2回目の農作業を終えて適度な疲れでぐっすり眠れた織田です。

ということで、今朝は寝起きもスッキリ!

今日は、いよいよハウスの中の土をトラクターで耕しました。トラクターは、大家さんのものをお借りして耕していきます。

ハウスの中でトラクターを使いこなすのは、想像以上に大変です。

織田家のトマトハウスが建っている土地は、昨年まで生姜を栽培していたのですが、それでも土が大分固いので、何度か耕うんする必要があります。

ハウスの中をトラクターで耕うんする時は、露地と違ってハウスを傷つけずに、いかに端まで耕うんできるかがとっても大事なんです。

というのも、耕うんできなかった場所は、改めて鍬や小型の管理機でやらなくちゃいけなんですが、これがまた大変なんですよね。

鍬や管理機ではトラクターのように土の奥深くまで耕うんすることが難しいので、できるだけトラクターで耕うんできることがベストなんです。

旦那さんも慎重にギリギリまで攻めて耕うんしていました。

IMG_2259

IMG_2260

 

ビニールやら障害物がある時は、障害物を移動したりビニールを手で押さえるなど、私もできる限りアシストします。

それにしても、以前一緒に行った研修施設でも旦那さんのトラクター技術はすごかったんですが、さらに磨きがかかっていました。トラクターを巧みに操って支柱すれすれに耕しているのなんて、もう本当にあっぱれ!です。

私も支柱などを気にしないで済む場所で、ちょっとだけトラクターに乗ってみましたよ。私の腕前はもうまだまだなんですが、それでもゴーカートに乗る子供のように楽しんでしまいました。

石拾いを拝命!これがめちゃめちゃしんどかった!!

ところで、旦那さんがトラクターで耕うんしている間、私が任命された仕事は“石拾い”でした。

IMG_2261 (3)

 

私がマスクをしているのは、土埃を吸い込まないようにするためなんです。というのも、耕うんの最中は土埃がすごいんですよ。

それにしても、土の中には結構大きな石がごろごろしているんです。大きな石があるとトラクターで耕す時にも良くないですし、土づくりにも影響してしまいます。

また、土づくりが終わったら、トマトにやる水を制限するために、トマトの根に水が行きにくくするための防根シートを張ります。防根シートは一度張ると3年くらいは張ったままにするので、その間は耕うんすることはありません。

だからこそ、この時期にしっかり石を取り除いて良い土づくりをしておくことが重要なんです。ということで、2~3週間ほどかけて石を取り除く計画をしています。

今日は、とりあえず目立っている大きめの石を取り除いていたのですが、これが結構大変なんです。

石も大きなものは本当に大きくて重いので、拾った石を黒コン(黒いコンテナ)に入れていくと、あっという間にめちゃくちゃ重くなっています。それを車輪のついた手押し車に乗せてハウスの外に出すんですが、これが想像以上にしんどい!

トラクターで耕す前の土は固いので運びやすくていいんですけど、耕うん後の土はふかふか過ぎて歩くだけでも疲れるんですが、石で重くなっているコンテナを運ぼうにもいちいち土に車輪が食い込んでしまって動かせない。。。

まあ、コンテナが重くなる前に運び出せばいいんですが、ふかふかの土を歩くだけでもしんどくなってくるんで、ついつい面倒になって溜めてから運び出しちゃんですよね(笑)

最後はもう本当に身体が思うように動かず、どんどん休憩の時間が長くなってました。

今夜はまだ筋肉痛はきてませんが、明日になったらどうかしら?と今からちょっとドキドキしています。

明日は、ハウス全体の土を耕うん(2回目)しつつ、引き続き石拾いをやっていく予定です。

美味しいトマトが育つための大事な土づくり。旦那さんも私もトマト達のためなら、しっかりがんばりますよー!

きょうもしっかり寝て、明日に備えます。

ではでは、おやすみなさい。

 

このブログを書いている人

織田茜
織田茜
30代。元表参道OL。長年暮らした東京から2014年7月に高知県に夫婦で移住。
2017年4月から、夫婦でトマト農家になりました。
“自分らしく、毎日を楽しむ”をテーマに、日々を過ごしています。
移住先の高知でのお気に入りは、芋屋金次郎のスウィーツ。

オススメの記事

 - トマトのこと, 農業のこと