旅するトマト農家 織田茜のブログ

東京から夫婦で高知に移住(Uターン&Iターン)。2017年4月から夫婦でトマト農家になりました。

織田家の家庭菜園~大根の芽を間引きました。

      2017/05/28

織田家の家庭菜園では今日も野菜たちがすくすくと育っています。

さて、私事ですが、先日、旦那さんから織田家家庭菜園の社長を任命されました!それもあって、毎日しっかり野菜たちの成長を観察しています。

昨日から高知県は久しぶりの雨が降ったのですが、雨が降る前に肥料を少し与えると、雨が降った時に栄養がしっかり土に行き渡るそうです。織田家の家庭菜園でも以前土に撒いた肥料をパラパラ振りかけておいたんです。

すると、どんどん大きくなってる!

私達が大根の種を植える時、最初は土に指であけた穴に1つずつ種を入れていったんですが、種が全て元気に育つか不安だったこともあって、途中から適当にいくつか種を入れていくことにしました。

おかげさまで大根はしっかり芽をだしてくれたので、場所によってはひとつの穴から2~3つの大根の芽が出てきていました。

IMG_2269

 

そこで、これから大きく育ちそうな芽を残して、後は間引くことにしました。

もちろん、間引いた大根の芽たちは野菜くず堆肥用のコンポストに入れて、活用します。

そして、大根の芽はニラの場所にもいくつか顔を出していました。

IMG_2270

 

実は、当初は大根とネギだけを植えようとしていたのですが、植えている最中に大家さんからニラもおすすめいただいたので、急遽、大根の種を植えた場所にニラを植えたんです。

そこで今回は、ニラの場所に出てきた大根の芽を大根の場所に移すことにしました。

IMG_2271

 

ちょっと芽の間隔が狭かったかなと思ったりもしたのですが、とりあえずこれで様子を見ることに。

こうやって毎日観察していても、こちらがびっくりするくらい野菜たちは毎日ちゃんと成長しています。

その姿を見て、野菜たちが元気に育つよう土や場を整えることが、私にとって大きな活力になっているんだと今日しみじみ感じました。

人間はやっぱり自然の一部なんですね。

今夜またちょっと雨が降る高知。大家さんが夕方に撒いてくれた肥料が土の中をめぐって、野菜たちをますますパワフルにしてくれるんだろうな。

明日も成長著しい我が家の野菜たちを見るのが楽しみです♬

 

 

このブログを書いている人

織田茜
織田茜
元表参道OL。長年暮らした東京から2014年7月に高知県に夫婦で移住。
2017年4月から、夫婦でトマト農家になりました。
“自分らしく、毎日を楽しむ”をテーマに、日々を過ごしています。
移住先の高知でのお気に入りは、芋屋金次郎のスウィーツ。

オススメの記事

 - 織田家の家庭菜園