旅するトマト農家 織田茜のブログ

東京から夫婦で高知に移住(Uターン&Iターン)。2017年4月から夫婦でトマト農家になりました。

農家になったからこそ気づけた“日々のスキンケアの大切さ”

      2017/10/28

台風21号が過ぎたと思ったら、もう台風22号がやってきてますね。

今日まで晴天だった高知も明日から雨になるようです。

雨になると湿度がぐんと高くなってトマトたちに病気が発生しやすくなってしまうため、今日のうちにしっかり防除(病害虫が発生することを未然に防ぐ作業)しました!

 

高知県で夫婦でトマトを育てている織田です。

 

農家になる前に思ったことは、“肌が焼ける”ということ。

私はどちらかというと色が白い方で、その状態を維持するためにいろんな紫外線対策をしてきました。

そして、農家になって約半年。

農家をする前の肌に比べて、やっぱり日焼けしていたり、鏡で顔を見ると、「ちょっとシミが増えたな~」って思う時が時々あります。

ただ、思っていたよりも酷い状態には今のところなっていません。うん、多分、なってないはず(笑)

 

そして、それは、日々のスキンケアを自分ができる範囲でしっかりやっているのが大きいと思います。

実は、高知に移住してきてから、東京時代のような徹底したスキンケアや紫外線対策はしなくなっていました。

東京に居た頃は化粧品会社に在籍してい私。

ちゃんとスキンケアするのは当たり前でしたし、外出時は日焼け止めをしっかりぬって、UVカット加工の衣服で肌を覆うというのも私にとっては普通のことでした。

でも、高知に来た途端に、「今までのケアはできない」って諦めてしまっていたんです。

 

化粧品会社時代は自社商品を中心に高い美容液もたくさん使っていましたし、それなりにお金をかけていました。

でも、高知に来てから化粧品はどれでもいいや~っておざなりに選んだり。

外出する時も日焼け止めを塗っていない肌を保護することなく出歩いてみたり。

化粧も仕事の時以外はやったりやらなかったり。。。

 

ただ、今までだったら外出しても数時間のことですし、そこまで肌に負担をかける生活ではなかったからそれでもなんとかなっていました。

でも、農家になったら、朝から日が沈むまで太陽の下にいます。

否が応でも、今までみたいな無頓着な状態では居られなくなったんですよね。

 

だから、実は農家になる前の高知で生活していた私より、今の農家をしている私の方がスキンケアはしっかりやっています。

 

今頃の季節は気温も落ち着いてきたので、肌トラブルも今はそんなに起きていないんですが、しんどかったのが夏!

夏の時期はびっくりするくらい汗をかきます。

ハウス内は40度近くなるので、もう汗ダラダラなんです。

すると、肌がふやけて酷い時には炎症した状態になってしまいます。

夏場は汗が止まることがないので、スキンケアをしても多少は汗の影響を受けます。

でも、スキンケアをしない素肌の状態だとダイレクトに影響を受けてしまい、肌のふやけが酷くなってしまうんです。

その肌の状態を体験すると、自ずと毎日しっかりスキンケアをするようになっていきました。

 

結果、農家になる前の方が肌にとっては優しい環境ではありましたが、その時よりも今の方が肌は乾燥していませんし、落ち着いています。

 

そんな自分の変化を振り返ってみると、農家になって良かったなと思っています。

もし農家になってなかったら、スキンケアに無頓着になっていた私ですから、女性としての私をあのまま随分ほったらかしにしていたと思います(汗)

 

農家になったからこそ、スキンケアの大切さに気付くことができました。

感謝!

 

☆今日の良かった探し☆

もう3日前だけど、Twitterに大好きな和田さんからコメントをいただいちゃいましたー!!

それだけで、一気にHAPPYな一日になりました♬

そして、今日も、気持のいいお天気でトマトの防除もできました。

このタイミングで防除できたおかげで、これからもトマトがすこやかに成長していくってことを考えたら、今日晴れてくれて本当に良かったー!

ありがとうございます。

このブログを書いている人

織田茜
織田茜
元表参道OL。長年暮らした東京から2014年7月に高知県に夫婦で移住。
2017年4月から、夫婦でトマト農家になりました。
“自分らしく、毎日を楽しむ”をテーマに、日々を過ごしています。
移住先の高知でのお気に入りは、芋屋金次郎のスウィーツ。

オススメの記事

 - 農業のこと